更年期を快適に過ごす方法|側弯症は早期に病院で治療を受けることで 手術の必要はなくなります
医者

側弯症は早期に病院で治療を受けることで 手術の必要はなくなります

更年期を快適に過ごす方法

医師とナース

更年期の原因

年齢を重ねると身体の機能が衰え始め身体に様々な症状がみられるようになります。更年期障害も閉経が近づいた女性の身体に現れる症状です。女性は卵巣の働きが活発になると生理が始まるようになっています。これは、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が増えてくるからです。しかし、女性ホルモンの分泌量は20代でピークを迎え、次第に減少して行きます。30代後半になると女性ホルモンの分泌量は急激に減少していき生理不順などが起きてきます。そして40代半ばごろから身体に様々な症状がみられるようになり、50歳頃に閉経を迎えます。40代半ばから50代にかけてを更年期と呼び、この期間に体に現れる症状を更年期障害といいます。

症状と改善方法

更年期障害の症状には身体的なものと精神的なものがあります。身体的なものとして、のぼせや動悸、頭痛や肩こりがあります。精神的な症状には、うつやイライラ、不眠などがあります。また、骨粗しょう症や高血圧等を発症する場合もあります。シミやシワ等のお肌の老化も目立つようになります。更年期障害の治療には、減少した女性ホルモンを補うホルモン補充療法が有効です。体内にある女性ホルモンと同じ成分のホルモン剤を錠剤や張り薬で投与します。ホルモン補充療法はほてりや不眠等の治療に効果的といわれています。精神的な症状であるうつには抗うつ剤が処方されます。また、女性ホルモンが減少し始める前から漢方薬を飲むことで予防することもできます。更年期障害の症状が既に出ている場合でもホルモン剤の投与が出来ない方の治療には漢方薬が使用されます。漢方薬は効き目が穏やかで自然の生薬が配合されているので、更年期障害の治療に用いられています。