腸閉塞の原因と予防法|側弯症は早期に病院で治療を受けることで 手術の必要はなくなります
医者

側弯症は早期に病院で治療を受けることで 手術の必要はなくなります

腸閉塞の原因と予防法

ドクター

腸閉塞は、腸内に溜まった食べ物や消化液などが、消化されず腸内に溜まり続ける病気です。便が腸内に溜まることもあります。腸閉塞の症状は実に様々です。嘔吐や不屈、便秘などの症状が現れます。また、腸に関する様々な病気を併発させることもあります。腸閉塞の治療に重要なのは、とにかく早期の段階で発見することです。万が一の場合、死に繋がることもあります。もし検査の結果腸閉塞であることが分かったら、入院することになるでしょう。治療期間中は、まともに食事を取ることはできません。水分ろくに摂取できない状態となります。非常に恐ろしい病気なのです。

腸閉塞の原因は複数ありますが、最も多いのは手術によってできた腸内の傷が、回復する段階で腸と腸、もしくは腸と腸壁をくっつけてしまうものによるパターンです。普通であれば傷を負った部分だけが回復しますが、腸の力が弱い方の場合、このようなケースとなってしまうことがあるのです。腸閉塞は、腸内に傷が無い場合でも起こることがあります。腸閉塞になる方の大半は、腸の動きが人よりも弱い方です。お腹の調子を崩しやすい方、便秘症の方などは注意が必要です。

腸閉塞になると、まずは絶食が必要になります。治療中は絶飲食となるので、その期間内は点滴で栄養を補給することになります。