主な症状や治療法|側弯症は早期に病院で治療を受けることで 手術の必要はなくなります
医者

側弯症は早期に病院で治療を受けることで 手術の必要はなくなります

主な症状や治療法

看護師

脳動静脈奇形は、先天性によるものがほとんどです。発症する部位は個人差があるという特徴を持っています。また、脳動静脈奇形を抱えているほとんどの方が無症状なので、早期での発見が難しい病気でもあります。脳動静脈奇形は、脳内出血を起こす可能性を持っています。また、発症した部位によって、強い吐き気や嘔吐、頭痛が発生します。場合によっては視野障害や言語障害を患うこともあります。やはり一番厄介なのは脳内出血です。なぜなら一度脳内出血が発生すると、再出血する可能性が極めて高いからです。脳内出血の次に多い症状がくも膜下出血です。くも膜下出血は命に関わる恐れがあり、また重い後遺症を残す可能性の高い疾患でもあります。脳動静脈奇形は非常に恐ろしい病気です。

脳動静脈奇形は、脳卒中の一種であることが分かっています。そのため、先天性のものがほとんどです。生活習慣病のように、生活習慣による原因で発生するということはまずありません。先天性によるものが原因であることは分かっているものの、それ以外のことはほとんど分かっていません。そのため、予防法も確立していません。脳動静脈奇形であると判明した場合、「ガンマナイフ」と呼ばれる放射線治療によって治療が行なわれます。一度手術が行われた後は、その後発生しかねない再出血を防止する策が取られます。脳動静脈奇形は難病の一種なので、脳動静脈奇形と思わしき症状や検査結果が出たら、すぐに病院に行くようにしましょう。